ニシザワホーム

お問い合わせ

HOME › スタッフコラム › 大正時代の郵便局舎解体レポート

長野県長野市の建設会社 株式会社 総合建設西沢商会

大正時代の郵便局舎解体レポート一覧を見る

2019年07月11日

皆さんこんにちは!スタッフの中山です。(*^_^*)

 

前回お伝えした大正時代の郵便局舎、解体の続編レポートです。

 

噂に聞いていた小屋組みの全貌が、2階の天井材を解体して見えてきました。\(◎o◎)/!

 

20190711_07

 

ケラバ側3間(5.46m)飛んでいる部分をトラス組していること。

 

20190711_06

 

小屋束が棟木から梁にかけて面白い形をしていること。荷重を逃がすためなのか(・・?

 

寄棟部分の火打ち梁のかけ方、外周部の細い梁は二重にかけて荷重を補っていること。

 

20190711_08

 

くさびのような鉄の金物を使っていること。などなと・・所々に先人の知恵がいろいろ発見できました。\(◎o◎)/!

 

そして、小屋組みの美しいこと!天井裏で隠しておいたのはもったいなかったなぁ、と思えるものでした。先人の木に対して気遣う心に大変感心いたしました!

 

大正時代の御幣(幣束)もお祀りされていましたので、記念に外してもらいました。叔父に記念に保管してもらおうと思っています。

 

20190711_09

 

昭和の建物は、いくつも解体に立ち会ってきましたが、大正時代の建物は私自身初めての経験でして、いろいろビックリや関心がありました。またの続きをレポートしますね。

 

 

------------------------------------

 

弊社、愛犬家住宅サイト「愛犬家住宅ドットコム」で、愛犬家ブログを更新しています!

 

~「わくわくフェア」では~

 

20190711_01

 

→ 「愛犬家ブログはこちら」

 

 

 

 

長野県長野市で県産材でつくる“高気密・高断熱、ゼロエネ住宅、長期優良住宅、スマートハウス、スマートウェルネス住宅、デザイナーズハウス、愛犬家住宅、Skogのいえ”の木造注文住宅新築・リフォーム、分譲住宅を手がける『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』

 

アーカイブ

  • カテゴリー

  • ページの先頭へ